育児をしながらWebクリエイターをしたい、目指したい人のSlackグループ作りました

育児をしながら家で仕事がしたいと考えている親御さんってこれからどんどん増えていきますよね。それでいて就職するにはハードルが高いという企業もとても多いので働きたくても働けない。そういう家庭も増えています。こういう流れを変える仕事や育児の情報共有できるようなグループをSlackに新しく作りました。


参加フォームへ

経緯としては自分が5人の子育てを夫婦でしながら在宅ワークをしているので常日頃こういうことを考えていたからなんです。

育児×クリエイターのグループで解決していきたい課題をまずまとめていきますと

  • 育児をしつつスキルに自信をつけるのがまず難しい
  • 仕事を取るまでのハードルを下げたい
  • 時間の制限がなく自由参加で仕事になる環境作り

ここの部分が大きくて、超えることができたら自分で仕事を取りにいったりできるようになると考えています。ただ、そのために1人で頑張るには厳しすぎるのでは…というところで解決策として考えているのをまとめていきます。

育児をしつつスキルに自信をつけるのがまず難しい

育児はイレギュラーなのが当たり前な世界です。特に2歳くらいまでは病気のこともあり働きに出ている限り気が気でありませんし、家でお世話していると仕事のことを考えること自体が難しくなります。

仕事の前にスキルアップしようにも意識を傾けられない以上、効率がいいはずもありません。スキルを自分のものにするには繰り返しの作業が必要にはなりますが分からない部分をどう調べたらいいかも分からない時間を繰り返していると心があっという間に折れてしまいます。

そこで、Slackでは自由に質問できるようにしていきます。もちろん全てカバーできるとは思えませんが、分かる人が話し相手を探すついでにでもヒントを置いていくだけでも良いきっかけになると思うのです。

もちろん自由参加なので回答を急ぐ時には向かないかもしれません。かといって仕事になりそうだから解決を急ぎたい!というケースもありますよね。そういうときは分かるメンバーさんに直接相談できればいいなと考えています。この場合は教える人からすると意図から外れるところで時間を作ることになるので有料でやりとりしてもらいたいかなと。

仕事を取るまでのハードルを下げたい

Webの仕事ってジャンルも数多くあるので求められることが多すぎるんですよね。Webサイトで考えるとデザイン、システム開発、イラスト、コーディング、サーバー公開などなど専門にわけると本当にたくさんあります。

最初のうちは浅く広くできるようにしないとフリーランスでは仕事がとれません。そう思って2年ほど費やしてきたんですが、なんでも屋ってどんどん増えていってるので差別化がとってもしづらいんですよね。むしろ仕事のハードルをあげてしまっているといいますか…

そう考えると仕事がリピートされるようになるまでは自分の売りにしたい柱の仕事をとことん強化した方が安定軌道にはのります。問題はそうなったときの仕事の受注です。自分が苦手なジャンルを一緒にしてくれる仲間がいたら自分の得意分野に専念できるんじゃなかろうかということでチーム編成が組みやすいようにコミュニケーションがとれればと考えています。

時間の制限がなく自由参加で仕事になる環境をつくりたい

1番難しいのがここだと感じています。日中はもちろん夜も気を抜けないのが育児家庭のせつないところ。どうしてもスキマ時間での活動になってしまうとスケジュールを約束できないんですよね。そうなると案件を取りにいきづらい。ここについては時間は決めてしまえないので対策は別なところで立てる必要があります。

幸いランサーズでもチームで受注することができるようになってきました。

チームで仕事ができるようになると取れる仕事も増えてきます。ただ、この時に気をつけないといけないことはそれぞれのチーム単位で共有できるスキルチェックをしておくことです。例えば全員がHTMLとCSSは書ける条件にしたチームですとイレギュラーで対応できないメンバーが出てきてもプロジェクトが止まることはありません。

最初のうちにタスクごとに見積もり設定をしておいて、実働の結果で報酬を分けていくようにするとトラブルにもなりづらいです。ここの管理はツールの力にたよることになりますが、Gitやtrello、Slackで記録を残して対応していければ振り返りもしやすくなります。

参考URL: Bitbucketで課題管理 trelloとSlackの連携で加速させる方法 | ReCreaL

まとめ:Webで働きたい人の背中を押せるグループに

ありがたいことにすでに10名ほど参加していただいているのですが、参加メンバーはこれから学んで行きたい人が多いです。これは予想していたことなのですが最初から即戦力が揃うことはまずありません。ですが需要と供給の関係はこのグループにはあると考えています。

これからは個人だけでは収まらない働き方を狙っていくことでフリーランスでも安定を得られる時代がきます。それまでに今、即戦力の人もパートナーを見つけておくとメリットの方が大きいです。育児という共通点をもっていると仕事もしやすいということがわかってきたので、性格ややる気が近い人同士であればスキルはすぐに追いついてきます。

チームを組んだ先の未来を感じることができたら、この育児×クリエイターはきっと素敵なプラットフォームになると信じています。

これからもいろんな企画やチームが生まれ、活動していけるようフォローアップしていきます。

参加フォームへ

About the author: りゅうじ

りゅうじ
美容師から演出家、飲食の経験を経てWeb転身3年目。夫婦で育児ありきの生活をしたくて在宅で育児と仕事に奮闘中。妻に一目惚れして初対面でプロポーズしたクレイジーさが仕事への情熱にも直結している。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください